top of page

伊勢市むしばバイバイ教室を担当

こんにちは、田岡歯科医院の田岡@受付です。

秋らしい風を感じるようになりましたね!


由成院長が、伊勢市歯科医師会の活動の一環として、

伊勢市が開催する「むしばバイバイ教室」講話と検診を担当しました。


子供の歯を守りたい。それは親御さんなら誰でも願いますよね。

検診で子供たちのお口の状態を確認し、

むしばを予防する、具体的な方法をお伝えしました。


残念ながら、講話中の由成先生の写真は撮影できませんでした。


代打は hitosaraさんのフォトジェニックな、しらす丼定食です!

(本文とは関係ございません)

(いつもお世話になっております)





講和でお伝えしたむし歯予防のポイントは3つ。

1、フッ化物で歯を強くしよう

フッ化物(フッ素)は、むし歯になりにくい歯にしてくれます。

仕上げ磨きをしても、歯の汚れを全て取り除くのは難しいもの。

フッ化物入り歯磨き粉や、洗口剤(うがい剤)を取り入れて、歯を守りましょう。


2、おやつは時間を決める、砂糖は避ける

食事を摂ると、お口のなかが虫歯になりやすい状態になります。

食べ終わると戻ります。しかし、だらだら食べ続けると、悪い口腔内環境がキープされ、

むしばができやすくなります。

食べかす、砂糖が、ばい菌の餌になるのは言うまでもありません。


3、歯科医院で定期検診を受ける

歯科医院では、専用の高濃度フッ化物を塗布することができます。

シーラントという、歯の溝を先回りして埋めてしまう施術も可能です。

例えるなら、ガードが固くなり、防御力が上がるのです。


また、痛みのないうちに検診することで、歯科治療への抵抗感が薄まり、

いざ治療が必要になった時に、精神的に楽に臨めます。

他にもメリットがありますので、ぜひ定期的に検診を受けましょう。


1と2が自宅でできるセルフケア、3がプロケアです。

どちらもバランスよく取り入れて、健康な歯を守っていきましょう!


※参考※

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page